集客・集患の為効果的なテコ入れをしたい。06

集客・集患の為効果的なテコ入れをしたい。

3つのポイントを全ておさえないと看板は役割を果たしません。

私たちは看板が期待される目的を研究しつづけ全く新しい理論を確立しました。医院やお店が知られていない、目立っていない、だから看板デザインを工夫して・・・看板のテコ入れを検討する医院や店舗はそう思って実施しますがなかなか成果につながらない場合があります。看板を大きくしたり目立つデザインにしたりして「看板の問題」は解決したはずなのに、成果が上がっていないなら「看板の問題」が本質的に解決していない可能性があります。実際人通りがあるのに口コミや紹介などでしか来院・来店していないなら看板は全く機能しておらず、医院やお店の集客が上手くいかない理由はやはり「看板の問題」が解決していないからです。昔からある看板デザイン理論では視認性・発見性のことばかり考えていて「現代の看板問題」には十分ではありません。実際これまで看板屋さんに相談したが解決出来なかったというお客様の「看板の問題」を私たちが解決したケースのほとんどは視認性や発見性以外の点にデザイン・テコ入れしています。
人通りがある立地なのに来院・来店が上手くいかない場合、看板は全く機能しておらず「出ているだけ」です。残念ながら皆様の医院・店舗の存在に気付いていないか、もしくは気づいているけど魅力的に見えていない、要するに知っているけど利用しないという可能性があります。このページご紹介しているお客様の声は全て事実です。実力がある医院・店舗が看板・外観の問題を解消すれば、驚くほどの集客・集患につながる事を私達は立証してきました。無意識の通行人に確実に気付かせ来店させるという最終ゴールまで誘導したいと考えているなら、私たちが証明した3つのポイントをおさえた設計をおススメします。

before after
3つのポイントを全ておさえた時に消費者は反応します。

皆様の店舗がそれぞれ違うように店舗の外観・看板の見られ方は各々の立地条件で全く異なってきます。昔からあるセオリーで視認性ばかりを希望されるお客様が多いのですが、それらはもはや今の時代では通用しません。視認性や発見性(find)の視点は最低条件です。現代は店舗が乱立し、情報が町中に溢れています。とにかく視界に飛び込んでくる情報が多すぎるのです。それに加えてスマートフォンや電話のながら歩きがとても多い為、集中力が散漫になりがちです。情報過多の時代において看板のような昔ながらのアナログ媒体はより感覚的に考えてこそ最大の効果を生むと私たちは考えます。地図を読めなくても手取足取りガイドしてくれる生活に慣れている消費者はサインシステムを理解する力が低下しています。事前に調べてからしか行動出来ない人が多く、知らない店に初めて入るには相当勇気が必要です。私たちはこのような現代社会の傾向から看板にはfindという昔ながらの視点に加えてguideとbarrierの視点に加えて看板デザインに取り組んでいます。
店舗や医院は所在を伝えさえすれば来店・来院した時代は終わり、今は店舗も医院も選ばれる時代になりました。看板によって最終目的である「集客」を達成したければ、「看板パーツデザイン」「ファサードデザイン」「外観デザイン」などをあらゆるパーツを3つの視点から捉えて、トータルデザインする必要があります。大阪という激戦区で看板(店舗における看板パーツ、ファサード、外観)をデザインでリフォーム・リノベーションし、看板の威力を証明してきた当社には顧客の行動心理を研究し、実践してきた独自のノウハウがあります。看板リニューアルで外観ごとテコ入れして、スムーズに消費者を店舗や医院にデザインの力で誘導出来る唯一の企業であると自負しております。私達はご注文いただきましたクライアント様の医院や店舗をあらゆる角度から考察します。袖看板、ファサード部分、外観全体、間口部分の照明、並び店舗の外観・看板デザイン、人の流れ、時間帯、店舗の対象顧客年齢層などあらゆる角度から考え抜き意図的に消費者を誘導させるデザイン設計で店舗の外観・看板を作り上げます。長期的・継続的な集客・集患をしたいなら外観・看板のリノベーションが最も費用対効果の高い広告です。

外観や看板を変えるだけで本当に変わるのか?

当社は下請け仕事が主流の看板業界に於いて一貫してエンドユーザーからの受注にこだわってきましたので、
圧倒的な施工実績と結果検証データを持っています。是非ご覧下さい。

当社で看板・外観・ファサードをデザインリニューアルした実績をご紹介します。

一般ユーザーの立場で2つの店舗を眺めてみてください。利用するのはどちらの店舗ですか?

  • 南青山看板施工事例
  • クリニック 看板 デザイン クリニック 看板 デザイン クリニック 看板 デザイン クリニック 看板 デザイン
  • 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例
  • 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例 南青山看板施工事例
メールフォームから簡単にお問い合わせいただけます

東京都内や横浜は店舗が乱立し競争の激しい地域ですが、このように人口の多い地域で看板・外装の実力に注目し他に先駆けてテコ入れされた店舗や医院は大きな成果を上げています。

近年増加をしつづけた歯科や整骨院などの場合、東京都内や周辺の主要な地域では駅から100m歩く間にどれだけの歯科や整骨院という看板を見かける事でしょう。東京に限らず横浜や千葉、埼玉など各地で激しい競争が起こっています。
従来の看板理論では視認性(発見されやすい)ばかりを重視していたので「ここに歯科あり!!」という目立てばいいだけの派手な「◆◆歯科」という看板を出す事が重要とされていましたが、もはやそんな理論は過去のものです。 中にはそのようなコテコテなイメージが好まれやすい地域もありますが、東京都内でも区によって、場合によっては区内であっても高級なイメージを重視するところや、親しみやすさを重視する地域など千差万別です。 それなのに看板については画一的に「目立つように」という考え方でデザインされている事が多いようです。

確かに「目立つ」事は重要ですが、「目立ち方」の方法論は1つではありません。 地域性というテーマはとても重要です。例えば港区の青山などでは建築物そのもののデザイン性が高い為、よくある既成品の看板をつけている店舗はほとんどないかと思います。デザインが合わないからです。一方下町の地域でハイブランドのようなファサードで高級感溢れる外観でデザイン性の高い看板が出ていても浮いてしまい誰も来店しないでしょう。景観から浮きすぎて違和感があると仮にそこに店舗や医院があることは誰もが知っているとしても、誰もそこを利用しないという結果になります。整骨院に限らず歯科やクリニック、飲食店にドラッグストアなどなど要するに地域住民に選ばれる必要のある店舗運営をしている場合は必ず地域の人々に支持される「見た目」でないとダメという事です。

お客様に支持される見た目(外観・看板)になって、
競合から選ばれる店舗に生まれ変わりましょう

お客様に支持される見た目(外観・看板)になって、競合から選ばれる店舗に生まれ変わりましょう
これまでの弊社の成功を収めた施工事例からある傾向が分かりました。

1つでも下記に該当する店舗であれば、
十分な成果を出せる自信があります。

↓

新規顧客は口コミ・紹介ばかりで、
他のきっかけは思い浮かばない

人通りがそれなりにある店舗にも関わらず新規来店理由がほとんど口コミなら通行人に素通りされているか、気が付いてるがあまり魅力的に見えていない可能性大です。しっかり発見され、また外観のイメージの良い店舗は口コミや紹介以外にも毎月安定して一定の新規顧客を獲得しています。

長年営業しているのに
「いつからあった?」
とよく聞かれる

毎日のように前を歩いているのに今まで気がつかなかったのは、風景に溶け込んでおり存在感がない為です。
また仮に看板を出していても無意識の通行人はわざわざ看板を探しながら歩きませんので設置位置や板面のデザインが悪く目に飛び込んでこないケースが多々あります。

外観・看板を10年以上
変えてなくて、汚れなどが
目立ってきている

看板が汚れていたり、電球が切れていたり、老朽化が目立つ店舗にはホスピタリティが感じられず「一見さんお断り」的印象を持ちます。看板やファサード(外装)は店舗の第一印象となりますので、外観が古く暗い印象なら、サービスや設備まで古いのでは?と連想し来店を避けているケースがあります。

「近くまで来てるんですが・・・」
場所が分からない旨の
問い合わせがある

目的を持って探している人に発見されない場合は、あるべき位置に看板がなかったり、店舗としての存在感がない、●●店らしくない などの理由が考えられます。このように探している人すら見つけられない店舗は無意識の通行人に発見されるはずがなく、機会喪失をしていると考えられます。

看板はきっちり出しているのに、
集客が伸びていない

考えられる場所に看板を設置しており場所が分からないなどと言われる事がない店舗で集客が伸びてこない場合、問題は顧客の感覚的な部分への訴求です。発見性を追求しすぎて、不必要に看板を増やしたり、派手な色使いをしたりする事によって、「あまりいい印象を持てない・・・」と思われているケースは結構あります。

ご相談の流れ
    • 現地にてヒアリング

      現地にてお客様より現状をお伺いしながら、色んな角度からの調査を行います。

    • ご提案

      現状の問題点と改善策をご提案します。どの部分をどのように変えるといくらになるのか?というお見積書も作成します。 ご提案内容と料金にご納得いただければ正式注文となります。

  • デザインや仕様等の校正のやり取りを行います。

    ※修正については回数の制限等は定めておりません。基本的にはご納得いただけるまで何回でも修正は致します。
    ※但し、当初から仕様が変更するなどの理由により、デザインを大きく変更する場合は追加料金のご相談をさせていただく場合がございます。
    デザイン・仕様が校了した段階で請求書を発行致しますので、ご入金を お願いします。

  • 完成
第一印象リフォーム
新発想のマーケティングプラン

医院の第一印象は集患面で重要です。第一印象で消費者に誤解を与えている医院は非常に多く、
またその原因の第1位は“看板”です。
看板が最適な位置・大きさ・方法で設置されていないと違和感が生まれます。また目立つ事だけにフォーカスし建物デザインとの不調和を引き起こしているケースもあります。

これらの問題を解消し消費者から選ばれる事を目的としたリフォームを弊社では提供しています。10年間で150件の医院看板デザインに携わり従来の看板理論でデザインすると集患に繋がらず、第一印象こそが集患に最も影響を与える事を立証してきました。
もし集患面から医院外装の全面リフォームなどをお考えであれば是非一度弊社の第一印象リフォームをご検討下さい。第一印象リフォームでは悪影響や誤解を与えている部分だけをリフォームしますので、非常にリーズナブルに成果をあげられます。

ご予算に合わせたリニューアルが可能です。

ご予算に合わせたリニューアルが可能です。

※あくまで目安であり実際には各店舗の状態により異なりますのでご了承下さい。
※分割払いご利用の場合は審査が必要です。
※分割払いパッケージは近畿(2府4県)限定での取扱いとなります。

  • 50万円

    建物壁面などの
    外観は変えずに
    各パーツを中心に
    リニューアルします。

  • 100万円

    建物壁面などの
    外観と各パーツ
    を含めたリニュー
    アルを行います。

  • 150万円

    100万円プランの
    リニューアルに加え
    特殊な看板・造作が
    必要な場合。

料金は外観のリニューアル面積や手法、使用する部材により大きく変わります。
当社ではお客様のご予算をお聞きし、その範囲内で最も効果的な方法をご提案しています。

  • 対応クレジットカード
  • お支払いは
    クレジットカードも
    ご利用いただけます
    ※別途手数料が必要となります。
  • 対応クレジットカード
↓ もっと詳しく
価格を知りたいなら
↓
料金ページへ
お客様の声 リバース浅草整骨院様
お客様の声 エクサカイロプラクティック院様

皆様の店舗がそれぞれ違うように店舗の外観・看板の見られ方は各々の立地条件で全く異なってきます。昔からあるセオリーで視認性ばかりを希望されるお客様が多いのですが、それらはもはや今の時代では通用しません。店舗において「看板」という機能を十分に果たし最終目的である「集客」を達成したければ、「看板パーツデザイン」「ファサードデザイン」「外観デザイン」などを総合的に考えたデザインを施す必要があります。大阪という激戦区で看板(店舗における看板パーツ、ファサード外観)をデザインでリフォーム・リノベーションし、看板の威力を証明してきた当社には顧客の行動心理を研究し、実践してきた独自のノウハウがあります。看板を集客目的として捉える、店舗看板=看板パーツ、ファサード、外観全般のデザインと捉える事の出来る唯一の企業であると自負しております。私達はご注文いただきましたクライアント様の店舗をあらゆる角度から考察します。袖看板ファサード部分、外観全体、間口部分の照明、並び店舗の外観・看板デザイン、人の流れ、時間帯、店舗の対象顧客年齢層などあらゆる角度から考え抜き意図的に消費者を誘導させるデザイン設計で店舗の外観・看板を作り上げます。長期的・継続的な集客をしたいなら外観・看板のリノベーションが最も費用対効果の高い広告です。

このページの上へ戻る